電話回線の種類 TOP > 電話回線 > 「ひかり電話」と「固定電話」は何が違うの?

「ひかり電話」と「固定電話」は何が違うの?

オフィスに電話回線を引く時に悩むのが電話回線の種類。
一般的な固定電話とひかり電話。どちらにしようか悩んでいる方も多いと思います。

では二つの違い、説明できますか?
ちょっと調べてみました。

どちらも「電話ができる」という点は変わりません。
電話番号も一般的な03や06から始まる番号を使えます。

ひかり電話の方が通話料も安く、月額基本料も安いことから、経費削減したい方に向いていると言われています。
なのでひかり電話を導入した場合、一般的な固定電話回線は解約して問題はありません。

ただし、ひかり電話にはデメリットもあります。
一部電話番号にはかけられないという制限があります。
例をあげると、フリーダイヤルや話し中調べなどはかけられないのです。
他にも付加サービスにおいても制限があるので、注意が必要です。

しかし一般的な通話をする分には問題はありません。
ナンバー・ディスプレイやダブルチャネルなどの付加サービスの利用は可能です。
あまりこだわらない方・料金を抑えたいならひかり電話の方がいいのかもしれませんね。

これは一例ですので、必ずしもひかり電話の方がいいというわけではありません。
固定電話とひかり電話の特徴を比較して、ニーズに合ったものを選んでくださいね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 電話回線の種類 All Rights Reserved.